2017.6.9 おはなしピアノそしてビアガーデン

今日は「おはなしピアノ」の日だった。おはなしピアノは今年の八月で50回を迎えるイベントで、毎月第一金曜日の14時から15時まで京都のゼスト御池(河原町通りと御池通りの交差点から御池通り沿いに西に伸びている地下商店街)の御幸町ひろば(一番西の突き当たりの広場)でやっている無料イベント。

その商店街にある「ふたば書房」さんの西口さんという方が毎回選んでくださる旬のおすすめ絵本を、朗読家のつじあけみさんが朗読し、わたくし鈴木潤がそれに合わせて劇伴のピアノを演奏するという内容。

最大の特徴は、ふたりとも事前のうちあわせなどせず、基本的にその場ではじめて見た絵本をその場で即興で読んだり演奏したりするというところ。ふたりとも次のページで、次のページでいったいストーリーが展開するかわからないままある意味ドキドキしつつ進んでいきます。

毎回7~8冊の絵本の中から次にどの品を読んで欲しいですか?とお客様にお聞きしてすすめていくので、順番も含めてすべてが即興でのイベント。実はその場での2人の朗読と演奏のアドリブ力を堪能していただけるイベントでもあるのですが、そういうある意味マニアックなところに注目してくださっているのはおそらくご自分で朗読家やミュージシャンを目指されている方たちだけで、ほとんどの方はおはなしの内容に引き込まれて、つかの間の物語の世界を味わってくださっているようです。

そして夜は、ヒト夜クラムDUOでん演奏。大丸ビアガーデンでの2回目。これについてはまたの機会に。

2017-06-12 | Posted in DiaryNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment