不安定な春

春はどことなく不安定だ。
自分もそうかもしれない。そして、なんだかちょっと相談めいた電話やメールも多い。

うまく言えないのだが、、
何かに対して、「こうしたらよいのだ」と考えても、あまり意味がないことが多い。

特に、自分でそう思うのは良いこと(の場合もある)が、それを他の人に話してもほとんどの場合通じない。

人はそういう意味で実はひとりだ。一人ずつ。
でも、ひとりぼっちだという意味ではなく、むしろひとりひとり本当に全く違うということだ。

わかりあえるところがないというのか!、と言われそうだが、
そういう意味じゃなくて、、
うまく言えないが、わかりあえるとしてもそれは「空想の世界で」ということだ。

今ここにいる猫が、向こうにいる猫と全く状況が一瞬一瞬違うように違う。
猫もたまに他の猫と出会って
にゃーお
なーお
と言い合っているが、
それはその時のことで、またそれぞれ、餌を探しに行ったり、昼寝をしたりする。

うまく言えないな。
大事なのは何かを共有することではない、と思う。
普通あまり大きい声でいう人は少ないけど
本当にそうなんやないか、と思う。

やはり、わからない自分以外のものを愛しつつ
それぞれがなんとかやってくしかないのではないか。
理解しあおうということには、ある意味すぐに限界がくる。
だってわからないものなぁ。
自分のことさえ、大して。

・・という今日の感想。
にゃーお。

2018.4.21

2018-04-21 | Posted in DiaryNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment