Lamp リキッドルーム 。感謝と、迷い続けてどこかに行く音楽。

何かを誰かに伝えようというのはなかなか大変なことだ。

この3日東京に滞在して、Lampのリハ、東京音楽大学でのWS、そしてLampリキッドルームライブというスケジュールだった。

Lampのライブが終わって一番思ったことは、ほんとうにバンドというのは(Lampはサポートメンバーで正式メンバーというわけではないけれど、それですら・・・)時間をかけることでほんとうにいろんなことが進んでいくのだな、ということだ。
音の粒の大小や楽器のタッチの話、ゴリゴリしたグルーブの強さと音のやさしさや柔らかさの話、それぞれがキープしなければいけないクリック的なタイム感とお互いを聞き合う良さの話。。
音楽の演奏の中でともすれば相反するようないろいろな要素について、ここまでサポートメンバーの人たちと話し合ったりしながら、何度も演奏を重ねられていることはとても幸せなことだなと思った。
それと同時に、あと一歩、もう少しあと一歩進めたら、より次の段階にいけそうなんだけど・・ということも思った。

物語。そこまでいきたい、と思う。
ここでそれについて全部書くことは難しいかもしれない。。

昨年の中国ツアーでとにかく心がけていたことは、とにかくボーカルが聞こえるように、ということと、音がパンチがあったり低音が聞いていたり、、というところから、もう少し繊細な音の細かい粒やタッチが見えるような世界へ、、ということだった。
中国ツアーの最終日に随分そういう感じも出せていたように思う。

今日はどうだったんだろうか。ずいぶんタッチの細かさで他のメンバーと合わせることはできるようになってきたように思う。
でもなんだろう?まだ勢いで押してしまうところ、ちょっとどこか強さに走ってしまうところ、そういうところがまだあるような気がした。でもそういうのが好きな人もいるかもしれないからなんとも言えないのだけれど。
抽象的に物を言うのは難しい。。音がつぶれる、っていうことについてかもしれない。
ほんとうは全ての音がクリアにきれいに出る状況というのがかならずあるはずなのだ。
しかもそこで勢いや強さも死なないはずなのだ。

こういうところで書いていいことかどうかわからない。
でも、なんか今日こんな日記を書いてみようと思ったのには理由もある。

ここからはLampの演奏の話とかからはぜんぜん離れてしまうのだけれど、、、
わからないのだけれど、おそらくここしばらく、おそらく10年近くになるんじゃないだろうか。。ほんとうに言いたいことっていうのを少し言うべきではないのじゃないか、、というか、そんな風に思っていたような部分があるように思う。
あまりに誤解が多かったり、うまく言えなかったりするとそういう風になってしまうのだろうなぁ、と今はわかる。
ずいぶんと思ったことばかり言ってしまうほうだろうから今ぐらいがちょうどいい、と近くの人には言われそうだけど。そして音楽に限ってのことだけじゃないのだけれど。
でも、なんだか不思議なんだけれど、今日ホテルに戻って来て一人でいるうちに、なんとなく、やっぱりほんとに自分がいいと思うことについては言っていかないとだめなんだな、と改めて思った。
思ったと言うか、ぽっかりそれだけが浮かんできたから書いてみた。

何かを言ってもいい、、じゃなくて、むしろやっぱり言わなきゃだめなんだなと。

すっかりおじさんになって、こんなほんとう青いことを書いているのは恥ずかしいのだが書いてしまった。
自分の思っていることばかり声高に言ったり、それを相手がわかってくれるべきだ、と思うのはすっかり間違っているのはもちろんなんだけど、そうではなくむしろ相手は相手の自由があるからこそ、自分がいいと思うことは丁寧に根気強く伝えることもやっぱり必要なんだろうな、と思った。あきらめてはいけないというか。

もちろん音楽という意味ではそれをメンバーに伝えるとしても、それを言葉でなく演奏で伝えられるのがベストだ。
やりたいことがあったらひとりでしろ。という少女漫画の中のセリフがあったっけ。あれは「おんなのこ物語」というバンドについての少女漫画だったな。あの作者がすごく好きだった。

そう、いろいろ思っていること、やりたいことがある。
僕はたぶんやはり、「これがオッケー」という音楽がやりたいのではないのだな、と思う。
こうすればオッケーという音楽ではなく、いつもある意味自信がなく迷い続けてどこかに行く音楽。
そういうことがやっぱりやりたいんだな。
とあらためて思える。

ほんとうに感謝しています。
今日のすべてのお客さんと、Lampのメンバー、サポートメンバーそして、すべての今日のスタッフさんすべてに。
ありがとうございました。お疲れ様でした。

ほんとうはそれぞれの曲についても、それから音についても、思っていることがいっぱいあるのだけれど、一番書きたかったことだけ書いて今日はまずは寝ることにしようと思う。

明日は、岡崎公園で、江州音頭バンドのライブだ。

2018.4.29

2018-04-29 | Posted in DiaryNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment