ディビッド。母の亡くなった日。Let’s とにかくエンジョイ。

ディビットは、タンザニア出身のベーシスト。
いつごろから一緒に演奏してたかな・・もう覚えてない。

いっしょに長らく演奏してた、ガーナ出身の、ロビーとディクソンが死んだ。
結構最近のこと。

<ディビッドの思い出>

人との思い出はいっぱいあるけど、その人によって、受け取る人によって、
強烈に記憶に残る思い出はそれぞれだ。

ヤサス・ファーライというジャマイカのDJがいる。
DJというとディスクジョッキーつまりレコードをかける人、という定義が日本では一番知られているが
ジャマイカでいうDJは、いわゆるラッパーである。アメリカでいうところの。
(もっとも発祥はジャマイカなんだけれど。。トースティング・・興味ある人は調べんください)

強烈なフローを持った人。ヤサス・ファーライ。
アルバムで、ほんとにジャマイカの名だたるシンガーとデュエット?しつつ、
一番はいろんな名だたるシンガ−が歌って2番でヤサスが、ワンフロー(自分の得意の歌い回し)
で全部なぎ倒していくCDがあって。
強烈でかつ、笑っちゃいそうなくらいな勢い。
大好きになったその人が日本に来た。

ディビッドがベース、ギターがたかさん。一緒に目黒にいつものスタジオに入り前日リハ。
おぉ、CDで聞いたままのフロー。

そして次の日、日比谷公園に行った。
ぼくらの持ち時間は1時間足らず。
さて・・・
と思ったら、
!!!!!
セレクター(レコードをかける人)メインのフェスで僕らだけライブのはずだったが
なんと、来てみたら、なにもない。つまり、
ベースアンプ、ない。
ギターアンプ、ない。
キーボードスタンド、だけはある。
でもドラム、ない・・・・

えーーーーーーー!!!!!!
となったが
なにかの手違い。
もう本番までには間に合わない。

ライブはなし。となった。
ギターのたかさんと、しょうがないね。今日はとりあえずフェスのお客さんと楽しもうよ。
と行って、ふきんを散歩しはじめた。
「・・・・・」
「・・・・・いや、まぁ、こういうことあるんだねぇ・・」
「いやぁ、、うん・・」
「・・・・』

通りがかりの蕎麦屋にはいった。
二人とも無言でそばを食う。

「たかさん、なんだか、うまく言えないんだけど」
「うん」
「なんだろうね、うーん・・なんかなんだろうね、この気持ち」
「あぁ、、」
「意外とさ、普段気づかないけど、演奏前ってそれなりに、気持ち上げてきているのかな、、って
今日気づいたんだよなぁ、、」
『あははは。なんだろうね、この気持ちの持って行きどころがない感じ」

二人で笑いながら話しつつ、
演奏前は自分たちでも気づかないくらい意外と気持ちをあげてきているのだなぁ、と確認。
急にステージがなくなったときのダメージは意外と大きいのであった。

たかさんと歩いて会場の方に戻る。

ディビッドがビール片手にいるのが見える。
「おぉーディビッド!!今日は演奏なくなっちゃって残念だねぇ。。」

ディビッド「いやぁー、そうだね、でもエンジョイよ!今日はとにかく楽しもうね!!」

ディビッドは日本語上手だ。タンザニアから来たのにとてもわかりやすい日本語でいつも話してくれる。
でもそれに続いてディビッドが、胸のあたりに手をあてて、言った。

「でも、なんでだかわからないんけど、このへんが、いたい・・」


あぁ、そうか、ディビッドもか、と思った。とともになぜだかすごく笑った。
ディビッドが明るいからだ。ほんとうに。

おわり

そう、そんなこともあったディビッド。

先週、マジェスティックバンド、という僕がはじめて音楽だけの生活に踏み切るきっかけになったバンドの演奏に久々に東京に行った。

ディビッドとも10年ぶりくらいだったろうか。
笑ったのは、みんな顔は変わってないのに、みんな、ひとまわりおっきくなってる。なんだか腹も出ている。

ディビッドが言った。いつものように英語と日本語まじりの喋り方で。

「ロビー gone。ディクソンgone。さびしいよ。
でも、しょうがないよね。
Life is shot。レッツ、エンジョイ、だよね」

ディビッドのその言葉を聞いてからセカンドステージを演奏した五反田の夜。

その翌日の夜、母が死んだ。
むちゃくちゃわがままだった母だったが、死んだ。

ディビッドの言葉を即座に思い出した。

everybody is gone (someday)
Life is short.
レッツエンジョイ!!

ほんとに。その通りだ。ほんとにその通り。

お願いです。というのはとても変だけど。楽しもう。楽しもうよ。それ以外になんかあるだろうか?
楽しんだ先に見えたものをもう一度考えたらよいでしょう?

日本語では照れ臭いけど、ほんとにそう、と思うのは。
できることなら、ディビッドの素敵な笑顔とともにつたえたい。

Let’s エンジョイ、だよね。

2019.8.30.

 

 

 

 

 

 

 

2019-08-30 | Posted in Diary, EssayNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment