「お茶の間オーケストラ2017」ブックレット

日本センチュリー交響楽団の社会貢献事業・コミュニティプログラムの一環として行われた「お茶の間オーケストラ2017」。その活動をまとめたドキュメントブックが完成いたしました。高齢者の方々がお住まいの住宅に楽員がお邪魔し、ともに音楽を創り上げていく過程をまとめた冊子。

鈴木潤はワークショップアドバイザーとして参加しました。

詳しくは   http://www.century-orchestra.jp/topics/otyanoma

 

 

2018-07-16 | Posted in News, Workshop reportNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment